◆本格伝統工芸体験◆【川辺仏壇】本物の職人から教わる伝統工芸体験

川辺仏壇(かわなべぶつだん)は、鹿児島県南九州市川辺町周辺で作られている仏壇です。
川辺町周辺は古くから仏教信仰の強い地域で、12世紀初期にはすでに仏壇が作られていたと言われており、その長い歴史の中で培われた確かな技からつくられるその仏壇は、国の伝統工芸品として指定されるほど。
仏壇制作の行程を、木地・彫刻・宮殿・金具・塗り・蒔絵・箔押仕上の7工程に分別し、それぞれの職人が伝統の技を駆使して入念につくりあげることが川辺仏壇の特徴です。
通常は個人では体験することが難しい伝統的な技の中から「蒔絵」「螺鈿」「彫金」の3種をピックアップし、体験できるプランをご用意しました。3種の中からご希望の体験を選び、お楽しみください。
ぜひ匠の技に触れてください。

【体験たっぷりプレゼントキャンペーン開催中】
鹿児島県以外にお住まいの方に、鹿児島の魅力的な体験をお得に楽しんでいただくキャンペーンを実施中。 詳しくは コチラ!

おひとり様

①蒔絵体験   2000
※大人・小人同額
②螺鈿(らでん)体験 2000
※大人・小人同額
③彫金風鈴体験 3000
※大人・小人同額
期間2022/10/1~2023/3/31
エリア

関連キーワード

このプランのおすすめポイント

①蒔絵体験

漆工芸の代表的な加飾技法の一つ「蒔絵(まきえ)」。
漆で絵や文様を描き、漆が固まらないうちに蒔絵粉(金・銀などの金属粉)を蒔いて表面に付着させ装飾を行います。粉を蒔いて絵にするところから「蒔絵」と呼ばれています。
本プランんでは下書きの6~10案ある図案の中からお好みのものを選び、塗り絵・各種色の粉を使った本格的な色付を体験していただきます。同じ図案でも作る人によって個性あふれる、様々な仕上がりになりますよ。

②螺鈿(らでん)体験

螺鈿とは、貝殻の内側にある、虹色に輝く美しい部分を薄く磨き、柄や模様を表現する技法です。数ある工芸品の中でも、特に美しいとされる伝統的な加飾(表面の塗装)のひとつ。
本プランではアクセサリーもしくは御箸をお選び頂き、好みに合わせて加飾を体験していただきます。

③彫金風鈴体験

奈良時代から伝わる伝統技法である「彫金」。
主に鎧や兜、刀の装飾に使われていた技術で、加工する金属製品の表面を、鏨(タガネ)と呼ばれる金属用の彫刻刀を一打一打金槌で叩きながら模様を彫り入れていく事で、他の技術ではなし得ない細かく繊細な装飾を施すことができます。
本プランではその「彫金」という技法を使って風鈴を作成します。
真鍮素地板に、たがね・金槌を使って思い思いの図を彫金し、三枚の羽をおり、立体に立ち上げ部品を付け、風鈴を完成させます。

プラン詳細

プラン情報

期間 2022年10月1日〜2023年3月31日
除外日 なし
体験対応時間 ①10時00分~
②14時00分~
※ご希望の体験開始時間をご予約時にお選びください

【所要時間】
 ①蒔絵体験:約1~2時間
 ②螺鈿体験:約1時間
 ③彫金体験:約1時間30分
旅行代金に
含まれるもの
体験料、材料費
最少受付人数 4名
最大受付人数 8名
体験会場 【川辺仏壇工芸会館】
 〒897-0215
 南九州市川辺町平山6140-4
 TEL:0993-56-0240
 ※体験開始の10分前集合
地図

注意事項

  • 各施設においては新型コロナウイルス感染症の対策を実施しておりますが、旅行者のみなさまも「新しい旅のエチケット」を十分にご理解いただき、体調管理をしっかりした上で、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底し、安全な旅行を楽しむために、ご協力をお願いいたします。
     『新しい旅のエチケット』

取消料

契約成立後、お客様のご都合で契約を解除する場合、旅行代金に対してお客様1名につき下記の料率で取消料をいただきます。

7日前~前日 旅行開始日当日
50% 100%

企画実施会社

三重交通株式会社 観光販売システムズ着地型ツアー
TEL 050-3775-4727
〒460-0003 名古屋市中区錦1-7-2 楠本第15ビル2階
旅行業登録:観光庁長官登録旅行業第1934号
総合旅行業務取扱管理者:小川達哉

◆体験運営◆
鹿児島県川辺仏壇協同組合
〒897-0215
鹿児島県南九州市川辺町平山6140-4
TEL:0993-56-0240

ご予約・空き状況の確認

お問い合わせ先

三重交通株式会社
観光販売システムズ着地型ツアー
TEL:050-3775-4727

(営業時間 10:00~18:00)

お電話でもご予約頂けます!